ロイヤルカスタマーを作る CRM型 ECシステム ロイヤルカスタマーを作る CRM型 ECシステム

いまマーケットで起きている事とその対処法

ECは今、維新のチャンス まっただなか

貴社のビジネスは次の次元に!私たちがご一緒します
いまマーケットで起きている事に対してそれが大正解であるというお話をします

いまマーケットで起きている事 1

デジタル社会が急激に伸びていく

通信ネットワークとデバイスが急速に伸びる

現在8%の国内B2CのEC化率は、これから10年で
25%〜35%になっていき、現在15%のEC消費率は
50%前後になる過去最大の伸びが始まっています

対処法 1

「波を選んで乗る」

不可逆に進むデジタル社会でのEC推進は
ネットにシフトするのではなく
ネット社会の消費動向にあわせてゆく

云うに及ばずECはこれから爆進します。国内のB2CのEC化率は現在8%強で、前年比では過去年率平均の3倍の伸びを示していますが、EC化率は中国が35%、欧米で20〜25%、東南アジア15%ですので、現在の日本の異常な低さが目立ちます。人口減少は、かつて改札駅員が自動改札に取って代わったように、現時点で170万人不足と言われている決済業務がIT化されていき、運輸など流通も同様に、国策レベルでDXを進めざるをえない事からデジタル庁が創設されました。予測の多くは10年以内の国内EC化率は25〜30%となっていますが、必然的な流れです。

では、リアルをネットに「デジタルシフト」すれば良いかというと違います。本章では現在マーケットで起きている事の本質「4つ」に焦点を当て深掘りしていますが、次頁からの3つの着目点を鑑みると、スマホ社会は顧客主導であり、顧客ひとりひとりに合わせたワントゥーワンマーケティングがキーとなる事が浮き彫りになってきます。そしてそれを行うのがカスタマーマーケティング(CRM)です。世の中のインスタントカート、カートASP、ECシステムは簡単であるとか、売れるという標榜が多いと感じますが、ショップサーブは、売れるのではなく、買われる事を重視して設計されています。

いまマーケットで起きている事 2

人口が減りつづける

新規顧客が増え続けなくなった

日本が始まって以来、人口が減少に転換した2015年以降は
消費が細り、商品が余り、両方がどんどん進んでいます
50年先には、消費は2/3ほどになるという予測も出ています

対処法 2

「ロイヤルカスタマーを作る」

人口減少という初の体験のなかで
たくさんの人に売る事はどんどん難しくなるので
お得意さんを作りなんども買ってもらう

これまでの内閣府の人口統計とその予測によると、有史以来つづいた人口増加は、2013〜2015年にピークを打ち、いま私たちは経験のない真逆の「人口減少」の中に居て、これから急降下のくだり坂が続きます。これにより、良い物を作り、顧客をどんどん増やすという、これまでの経営セオリーが通用しなくなりました。これからは、より少ない顧客であっても、より多い接点・接触を作り出して、長期にわたって生涯顧客単価(LTV)をあげる事が求められ、これはネットもリアルも同じです。KPIで言うなら過去は、顧客を発掘するUU(ユニークユーザー数)とCVR(購買転換率)が主でしたが、これからはARPUとLTV、つまりファン化とリピートでお得意さんをロイヤルカスタマーに育てる経営が主流になるのが当然と言えます。

これを具現化するのが自社本店であり、カスタマーマーケティングです。似た商品が溢れる今これからは、モノだけでなく関係値が重要と言えます。それは、性能、機能、価格ではない価値作りが、大きな差別化となります。商品の世界観の伝達など、個々個別のワントゥーワンで行う丁寧なコミュケーションによって、ロイヤルカスタマーを醸成し、身内の循環による、他社との戦いに陥らない経営を手にしては如何でしょうか。

いまマーケットで起きている事 3

すべて握るか、なにも握れないか

商業のルールが変更になった

デジタル社会によってそれまでの商業フローに激変が起きました
それまでバラバラだった情報、流通、販売、決済などが、
見つけ、比べ、買いに行く、のすべてがスマホ上になりました

対処法 3

「情報、流通、販売のすべてを自社管理下に」

リアルがネットになったのではなく
「すべてが顧客のてのひらの上」に収まった事が本質
全てを自社で握るか 全てを他社に握られるかのどちらか

世の中では、リアルからネットへシフトする事をDX(デジタルトランスフォーメーション)と呼ぶ節がありますが、ECではこの認識は危険です。今起きている変化の本質はネットシフトではなく、ネットにより商業フローが激変した事です。ネット前時代は、見つける、比較する、買いに行く、支払うの全てが、TV、新聞、雑誌、小売店、GSM、駅ビル、現金、振込、カードとバラバラでしたが、ネット社会はこれをすべて「スマホ」ひとつに置き換えたからです。ネット化は表面的な事でしかなく、スマホ一点への集中は、「全てを掌握するか」「まったく掌握できないか」のどちらかしかありえないという点が重要なポイントです。

換言すれば同じネットシフトであっても、モール出店は「卸売」か「委託販売」の構造であり「全てを掌握する」のはモール側です。これに対して自社本店ECは「全てを掌握する」のが自社になります。情報の提供、情報流通、来店促進、販売場、販売と決済、そして物流お届けと、事後のお伺いのすべてが、自社により自主能動的に行えて、なおかつ他社に握られる事がありません。そして、この「全てを掌握する」方法が顧客マネジメント(CRM)です。このように自社本店ECを行うという事は、そのまま顧客マネジメントが出来、鬼に金棒といえます。

いまマーケットで起きている事 4

広告宣伝が効かない

情報消化不良が起きている

ネットが始まってから、常軌を逸して急伸している情報供給量は
既にヒトが消化可能な情報量の4倍〜5倍に到達
ECにおいても、認知にかかる情報は、更に埋もれていきます

対処法 4

「情報を直接とどける 」

情報消化不良によって、情報到達が困難な世の中で
DX競争激化で広告宣伝費は高騰し、効果は下がる一方
広告宣伝ではなく直接伝達する事が必要です

総務庁の「情報インデックス」という統計があり、ヒトが消化可能な情報を100%とし、世の中に出ている情報量との比較が出来ます。インターネットが世間でスタートしたのが1995年、社会普及した10年後の2005年から急激にネットで情報を得る事が定着していく事が一目瞭然です。ここまではネット以外のテレビ、ラジオ、新聞、雑誌で98%を占めていましたが、これを境にネット情報だけが伸び続け、2010年にはネット以外が75%に落ち込みました。最も重要な気づきは、現在の推定値では、ヒトが消化できる情報量を100%とした時、供給されている情報の量はすでに400%と500%のあいだという事です。

スマホの普及により、情報の殆どがネット情報に置き換わりましたが、今そしてこれから深まる事は、恣意性のある情報は信頼性が低いという点です。その証左が広告宣伝が効かなくなっている事であり、これは4〜5倍の情報消化不良が起きている事とあいまって二重苦の状態になっています。それゆえに、個人発信である「顧客のいち意見」ツイッターやインスタがもてはやされている訳です。安易に予測できるこの先が、信頼を置ける相手からの直接情報が確実に届き響く、これが自社メディアであり、それを行えるのが自社本店ECです。

ショップサーブとEストアーの特徴

時代のチャンスを掴めるショップサーブ

成 功 鍵 はロイヤルカスタマーを育むカスタマーマーケティング
この時代のチャンスを掴める「ショップサーブ4つの特徴」をお話します

特徴 1 カスタマーリレーション

ロイヤルカスタマーを育むCRM

顧客ごとグループごとにワントゥーワン対応するD2Cで
ひとりひとりのお客様をロイヤルカスタマーに醸成
  • D2C
  • ワントゥーワン
  • カスタマーマーケティング
  • ダイレクトマーケティング
  • 直 販
  • カスタマーリレーションマネジメント

いろいろな言葉で語られていますが、すべて「ロイヤルカスタマー」を獲得し育成するための単語。結局はCRMの事です。ネットショップは「通販」を行うのではなく、「ひとつのお店そのもの」という時代に移り変わっています。「リアル店とネット店」ではなく「ネット店もひとつのお店」。まさにネット店で「おもてなし」を行うのがCRMです。

ビッグファイブと呼ばれる以下の王道CRM施策はもちろん、
他にも、さまざまなダイレクトマーケティング施策を行う事が出来ます
メンバーインセンティブ
購入にかかわらず、会員登録して下さったお客様への特典提供を行えます。コミュニケーションを開始できる事が最大のメリット。再来店を促せるCRM王道施策その1です。
セカンドアップ
次いで重要なのが、LTVアップのキッカケ作りです。2度目来店(2度目購入)を促すために、隣接商品や繰り返し品の特典提供を行います。1度キリを減らす事で心理距離を縮める王道施策その2です。
ポイントリマインド
メールなどコミュニケーションや、ページ表示で、ポイント残高と有効期限をお知らせする施策。リマインド効果、ポイント消費促進のどちらにも寄与する、CRM王道施策その3です。
カートリカバリー
カゴ落ちやレジ落ちした商品は気に入っている事が確定していますので、メールやページ表示、リターゲティングなどで、買い忘れをお知らせする効果は絶大。CRM王道施策その4です。※現在は手動カスタム対応です。2022春に機能標準実装予定。
アニバーサリープレゼント
ビッグファイブの最後は、誕生日や記念日の、特典付きお知らせです。5つの王道CRMによる売上は、それをやらない時に比べて2倍変わると言われています。

ショップサーブでは、上記のほか、たくさんのCRM施策を実施できます。詳細はお問い合わせください。
当社の特徴でもある「商品カテゴリー別の担当営業」が、お客様のCRM施策実施のお手伝いをしています。標準的な効果する為の条件や、ショップサーブでの実施方法など、なんでもお気軽にご相談下さい。

特徴 2 エンタープライズ性能

安定高速とスケーラビリティ

ECシステムとして、基本の性能と機能は「大型店でも余裕」が設計ポリシー
高速安定とスケーラリビリティーの上に全てが展開されています
「売れる理由をひとつでも多く」、「運用の手間をひとつでも少なく」が開発ポリシーです

ここでは特徴的なところをご紹介します

高速安定稼働・優先割り当て
99.7%稼働の高速安定性、受注損を減らす重要課題に、毎時1万受注を誇るショップサーブは、TV放映やバズによるスパイクを、24時間有人監視により、優先割り当てで対応しています。 ※稼働率は、定期メインテナンスを含む7年間平均で、業界トップクラスです。メインテナンスは受注に最も影響がない、深夜から早朝にかけて実施しています。メインテナンスはガーベージコレクションなど安定運用に必須と考え実施しています。
マルチペイメントの標準実装&入金消込が1箇所で出来る
カード、コンビニはもとより、商機を増やす最新の電子決済の多くを標準装備し、自社の決済も追加可能。
膨大な各種決済の消し込みが一括処理できる事で、短時間でミスのない運用が手に入ります。
HTML、CSS、JSの編集に対応
自由編集ページはもちろんのこと、テンプレート内のコードも、自社で自由に編集できます。
インターフェース、デザイン、表現に細心のカスタマイズが可能で、痒いところに手が届くと好評です。
フォーム一体型LPカートと、カートの外部接続
フォームを内包したランディングページと完全連動できます。カートを外部から直接接続する事も可能。
これにより、個々のCRM活動や集客プロモーションを縦横無尽に設計し運用する事が出来ます。
プロスペックの在庫の期限と割当タイミング
カゴ保持時間の設定や、在庫の減算タイミングを、きめ細やかに設定可能です。
この組み合わせによって、自社独自の入出庫や調達のタイミングに柔軟な対応が可能です。
24/365の有人監視、日に100回を超えるアタックに対応
自社システムの運用と比較して圧倒的に有利なのが、共有システムならではの運用監視です。
社内で新幹線を見習おうと語られるように、運転を毎日継続しながら着々と発展を続けています。
不正受注アラートと、3Dセキュア2.0に対応
まずは、過去データからの怪しい受注を検知して、受注画面でお知らせします。カード不正の防止は更に3Dセキュア2.0で対応。1.0と異なり不正可能性時だけ働くチェック機構で、失注が減ります。
定期購入・頒布会、そして代理注文
定期購入と頒布会の運用ができます。定期アップのCRMとあわせて王道施策をもうひとつ増やせます。
さらにコールセンターやFAX受注などの直接注文も、コンパネからの注文入力が可能です。
細やかなSEOタグ対応、商品データフィードも作成出来ます
トップページやお店全体だけではなく、カテゴリーごとや、商品別にSEOタグの設定管理が可能。
検索メディアやクローラーに対して、最適で正確な商品伝達がされ、ネット上の評価もアップします。
会員ランクとシークレットページ
会員ランクは、ポイントやクーポンなど特典設定はあたりまえに、ランク別の特設ページにも対応。
ファミリーセール、期間限定、お得意様専用といった販促活動を支えます。
商品の一括登録、一括更新
CSV形式での商品の一斉入れ替えは、業界最高速で対応しています。
カタログスペックでは比較できない大切な事に徹底的に拘っています。
商品ごとの、三温帯設定、発送準備期間設定
重量別設定だけでなく、常温・冷凍・冷蔵と、商品ごとに温度帯設定が出来、送料自動計算に反映できます。
発送準備期間も商品ごと設定できるので、自社品仕入品や、倉庫場所による運用に柔軟対応できます。
特徴 3 拡張性

APIとカスタマイズ

業界トップクラスの豊富なAPIで安心の将来拡張性
APIを介した各種著名ツール連携や既存の自社システムとの連携
専用構築による予約やデリバリーなどの自在なカスタマイズにも柔軟に対応出来ます
業界トップのAPI数
100を超えるAPIが自慢のショップサーブです。
FTPアクセス可能なAPIは、このAPI通信だけでカスタマイズ不要に多くのデータ連携が可能です。
APIによって、著名な各種EC運用ツール・サービスとも通信でき、自由度の高い全体構築が叶います。
カスタマイズ(専用開発)
貴社の業務部門や営業部門で運用中のERPやWMS、BIとの接続など、貴社独自設計でスクラッチで開発が可能です。専用開発なので100パーセント痒いところに手が届きます。
ショップサーブAPIを熟知した、開発ベンダー様をご紹介致します。
APIとカスタマイズの事例
  • ・各種ベンダー様による、さまざまなツール、サービス、アプリと連携
  • ・貴社専用の仕組みやシステムとAPIでデータ連携。RPAによる自動処理
  • ・ポイント連携やデータ連携など、実店舗、倉庫、外部サイトと情報をやりとり
例1 オウンドメディアに対して、API経由で売れ筋品とその情報をリアルタイム送信。
例2 アイル社様 cross pointを活用し、ネット店とリアル店のポイントを自動で連携。
例3 自社の在庫管理システムからAPIを呼び出してEC在庫と倉庫在庫を一元管理。
例4 FANTATIC社様 Wazzup! を活用し、LINE で再入荷をお知らせ。
例5 FCEプロセス&テクノロジー社様 Robo-Pat を活用し、RPAにより在庫情報を取得して自動でショップサーブの在庫を更新。
例6 自社のERPに、売上や決済データを自動連携して、通常経理処理に統合。
例7 ページの在庫を「ありなし」ではなく実数でリアルタイム表示。
例8 バニッシュ・スタンダード社様 staff startで、リアル店員がネットで対応。
例9 特殊な予約システムや、デリバリー管理システムを、SIベンダーで構築し、ショップサーブと自動連携。
※現在カスタム対応、2022年春よりショップサーブ標準機能で連携予定
代表的なAPI

顧客関連のAPI

顧客情報更新 顧客情報の取得、登録、更新、削除
顧客会員化 非会員顧客を会員登録
顧客情報検索 顧客を検索し抽出
ポイント 会員ポイント情報の取得、変更、履歴に対応
メールマガジン読者 読者管理やアドレスの取得、更新、削除
商品レビューリスト レビューのレビュー取得
シークレットグループ シークレットグループの取得
入荷連絡 入荷連絡機能の設定と状況取得
など

商品・在庫関連のAPI

商品構成 商品新規登録、取得、更新、カテゴリ更新
商品情報取得 商品名、商品価格などの情報を取得、検索も
商品紹介文 商品紹介文の取得と更新
階層別商品カテゴリ カテゴリの階層ごとや選択での一覧取得と更新
商品カテゴリ取得 指定した商品が属しているカテゴリ情報を取得
商品バリエーション 情報取得、更新、削除、一括変更
商品オプション取得 商品のオプション情報を取得、更新、削除
商品表示制御設定 公開設定、表示項目、自作ページ設定取得、更新
商品アピール情報 アピール情報、訴求パーツ取得、更新、制御
商品画像 商品の画像情報の取得、登録、更新、削除
在庫取得 在庫の取得、更新、削除
など

販売・販促関連のAPI

人気ランキング取得 人気ランキングの設定情報を取得
販売情報取得 陣列・セール期間設定などの取得、更新
定期購入 情報の取得、お届けサイクル取得、更新
販売方法 商品の販売方法の取得、更新
予約販売 予約販売情報の取得、更新
定期・頒布会 お届け回数、サイクル、価格設定の取得、更新
定期初回価格設定 情報の取得、更新
商品ポイント還元率 商品ポイント還元率の設定状況の取得、更新
商品特典情報取得 特典利用状況の取得、更新
広告用データ取得 広告用データの取得、更新
SEO設定 SEO設定の取得、更新
広告データ GoogleやCriteoの広告データの取得、更新
など

決済・配送関連のAPI

注文情報 注文と入金の検索、取得、更新
商品配送情報 商品配送情報の取得、更新
注文者情報更新 注文に関連する注文者の情報を更新できる
注文届け先発送情報 発送ステータス、配送業者、注文者住所取得、更新
請求書発行 請求書発行の取得、更新
決済グループ取得 決済グループの取得
決済依頼 決済ステータスと決済依頼日の取得、更新
商品決済グループ 商品が属する、決済グループの取得、更新
など
代表的な連携ツール・連携サービス
店長応援団様、受注応援、在庫応援 / アイル様、CROSS MALL、CROSS POINT ※2022春対応 / サイオ様、速販UX / キャプサー様、特攻店長 / 三愛ケーアールディ様、マイティ通信販売 / ハングリード様、zaiko Robot、Robot-in、item Robot / 日本ビジネス・サポート様、店舗アップ♪ / インテ・クレッセ様、ECステーション / Hamee様、NEXT ENGINE / バージョン・ラボ様、通販天国 / アクアリーフ様、助ネコ / プラスアルファコンサルティング様、カスタマーリングス / SAVAWAY様、TEMPOSTAR / E-Grant様、うちでのこづち / ラクス様、Mail Dealer / ワイズシステム様、受注でポン / エクスプロージョン様、ECレコメンダー、エクスプロージョンサーチ / ソフテル様、通販する蔵 / グリニッジ様、らくらく在庫 / LTV-X様、LTV-Lab / GoQSystem様、GoQSystem / スタジオノモス様、NOMOSHOP / ネットショップ支援室様、アシスト店長(受注管理) / コンビーズ様、Combeez / エイジア様、WEBCAS /  ユニエイム様、Tabレジ / ポスコ様、POSCO / E-Good様、 / ロジレス様、ロジレス / オークファン様、タテンポガイド / システムリサーチ様、Simplex / インゲージ様、Re:lation / リーフワークス様、アフィリコード・システム / ファンコミュニケーションズ様、A8 / リンクシェア・ジャパン様、トラフィックゲート / バリューコマース様、バリューコマース / アドウェイズ様、JANet / インタースペース様、アクセストレード / e-click様、e-click /  FANATIC様、Wazzup!、ザッピング / Appier様、AiDeal / ナビプラス様、NaviPlusリタゲメール / NTT DOCOMO様、ecコンシェル / スカイオリジン様、J-goods / visumo様、visumo / エフカフェ様、EFOcats / Yappli様、Yappli / サブスパイア様、U-KOMI / グラッドキューブ様、SiTest / ワサビ様、WORLD SWITCH / 有限会社ビズライフサポート様、弥生販売(カスタマイズ) / フィードフォース様、EC Booster、DF PLUS / イー・エージェンシー様、さぶみっと!レコメンド、shutto翻訳 / キャム様、CAM MACS / The Unit様、ライコマ / イルグルム様、アドエビス / タスネット様、Power@POS / e-LogiT様、e-LogiT / レントラックス様、RENTRACKS / ロカリサーチ様、LOKA / Moffly様、TagsAPI / ジーケーライン様、COBY / ビジネスサーチテクノロジ様、ポップファインド / オスティアリーズ様、着信認証 / コマースロボティクス様、COMMERCE ROBO / 久様、ECコネクター / チャットプラス様、ChatPlus / コミクス様、EFOcube / バニッシュ・スタンダード様、STAFF START ※2022春 / Firework Japan様、firework / シナブル様、ECインテリジェンス / GMO NIKKO様、True Affiliate / サイジニア様、デクワス.RECO、デクワス.AD / ヴォイス様、おてがるレコメンド / criteo様、criteo / Google様、Google商品広告 / テットラスト様、i通販 / アール・シー・エス様、通販Best / パロス様、DMショップ / ほか

※いずれも連携導入済または連携動作確認済です。一覧にはカスタマイズが必要なサービス、ツールも含まれております。事前に当社営業にご確認下さい。

※APIも連携ツール・サービスも、お客様のご要望により増え続けています。是非とも当社営業部やご担当営業まで、ご要望をお寄せ下さい。

API、連携ツール、カスタマイズ開発は多岐に渡ります。当社営業部または、ご担当の担当営業まで、お気軽にご相談ください。ご希望がありましたら、専用カスタマイズのための開発ベンダー様のご紹介も致します。

特徴 4 運営代行

販促活動のアウトソーシング

人件費と時間を削減する、運営代行をご活用いただけます
人手不足の解決やノウハウの活用以上に得られるメリットは
システムとマーケティングのデータが一元化され、経営効率が最大化する事です
クリエイティブ制作代行

クリエイションは、購買転換率をあげる為の施策です

数万件に及ぶ制作実績からも、おもてなしが全てという信念からも、ネット店もお店であるという観点からも、結果が出ているお店はやはりクリエイティブが良いと言えます。
なかでも写真クオリティーは最重要。今ではそれが動画である事もより大切な理由になっています。
  • ・ページ設計、LP設計
  • ・ページデザイン
  • ・ページコーディング
  • ・撮影、ささげ
  • ・動画制作
  • ・パーツ、バナー制作

ショップサーブ仕様とSEO・MEO仕様を理解した制作が可能で、転換率のABテスト等、感覚ではなく数値で測れるクリエイティブを提供します。

CRM運営代行

CRMは、顧客リストを使ってリピート作りをする施策です

本店ECの一丁目一番地であるCRMは、クリエイティブと2大巨塔と言われています。それは導線の設計と、コンテンツ品質が結果を大きく左右する為です。
  • ・5大CRM施策の設計と運営
  • ・その他膨大なCRM施策のカスタマイズ設計と運営
  • ・CRMのコンテンツ設計、制作
  • ・オンデマンド同梱チラシや、郵便DMなどのアナログ施策の設計、制作

CRMはシステム連携が必須です!それが縦横無尽にできるのがショップサーブの特徴。

プロモーション運営代行

プロモーションは、顧客リストを増やす為の施策です

ロイヤルカスタマーを育むにしても、時代がどんなに変わっても、必要なのが顧客です。
言い換えると新規顧客作り、これを行うのがプロモーションです。
また、高売上店などでは既存顧客の満足度アップや顧客のファン化を目的としてこれを行う事も多々あります。
  • ・サンプリング
  • ・インフルエンス(特にオーガニック)
  • ・顧客による外部メディア投稿促進
  • ・ネット広告全般
  • ・リターゲティング設計と運用
  • ・施策のPDCA
  • ・TV、ラジオ、雑誌などのアナログメディア

システムと連携し、一元管理できるメリットは、刻々とチューニング出来る事はもちろん、在庫切れ時に自動で広告をストップしたり、スパイク受注に即座に対応出来る事です。

3PLと受注代行

3PLや受注は、費用削減、コスト最適化の施策です

在庫管理、倉庫運営、配送コントロールは提携先のウェアハウスに限らず貴社ご指定先との運営も行っています
  • ・送料課題の解決グ
  • ・地方発送から東京発送の受託運営
  • ・顧客による外部メディア投稿促進
  • ・ウェアハウスご紹介
  • ・物流改善とWMS接続

システムと連携し、一元管理できるメリットは、大量受注や膨大なSKUに必須の在庫の随時把握です。

プロジェクトマネジメント

EC事業というよりも、事業全体のECをご一緒に企画設計・運営します

クリエイティブ、プロモーション、CRM、3PLをはじめ、オムニチャネルも勘案して、ご一緒に事業計画と目標設定を行い、それに基づいたEC運営を総合的にディレクションします。
貴社専任のPMとアシスタントPMが、PDCAを繰り返しながら貴社のEC担当者として動きます。

導入事例

8,000社を超えるさまざまな企業や組織に規模を問わずご活用いただいています

NEWS
ニュース

2021.12.28 アップデート情報
機能追加のお知らせ(2022年1月リリース予定)
2022年1月に機能追加を行います。詳細はお問い合わせください。   ■実店舗と会員データを連携できるようになります 実店舗とポイントや顧客情報を連携できる、クロスポイント連携サービスを導入できるようになります。お客さんは貯まったポイントを実店舗でもEC店舗でも利用できるほか、マイページから実店舗での購入履歴も確認できるようになります。店舗さんは顧客情報を一元管理できるので、実店舗...
2021.12.14 お知らせ
年末年始休業のお知らせ
下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。 休業期間:2021年12月30日(木) ~2022年1月3日(月) 1月4日(火)より平常どおり営業いたします。 ご不便をおかけいたしますが、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。
2021.11.10 お知らせ
【お客様インタビュー】フランスベッド株式会社様のインタビューを掲載しました。
    ...

お問い合わせ

導入をご検討の方

導入に関するお問い合わせ

無料トライアルをご希望の方

2週間無料で試す

サービス資料をご要望の方

無料ダウンロードはこちら

お電話でのお問い合わせ

03-3595-2150
(10:00~18:00 土日祝日を除く)