モールと本店どっちがいいの?

モールと本店どっちがいいの?



正解はありません

ネットショップを立ち上げる際、大きく2つの方法があります。
1つは楽天市場やAmazonのようなショッピングモールに出店するモール店型、
もう1つは独自のネットショップを運営する本店型です。
どちらが絶対に優れているという正解はありません。
それぞれのメリットとデメリット、特徴を理解したうえで
自社に合った方法を選ぶことが大切です。

モールと本店の項目別比較表

ショップサーブ
大手モール
手軽さ ×
集客力
ブランディング ×
販促の自由度 ×
コスト ×
利益率の高さ

モール店は、それ自体に集客力があり、消費者からの信頼も初めからあるため
短期的に売り上げを上げられる可能性がありますが、
ロイヤリティが高いなど、手元に残る利益が少ない傾向があります。

対して本店は、集客を自社で戦略を立てる必要がありますが、
ネットショップに必要な機能、サービスをワンストップで提供することで
トータルコストを抑え、利益率を高める仕組みを整えています。

また、ブランディングの観点からも、本店は優れており、
例えば、モール店で商品を買ったとき、「どこで買ったか」と聞かれたら、
「買ったモールは覚えているが、店舗名は覚えていない」という方がほとんどです。
一方、本店では「○○商店で買った」とお店の名前を覚えてもらいやすく、
結果的にお客さんがその後も戻ってきて、リピート率も高く、高利益につながります。

モール向き商材、本店向き商材を知っていますか?

モールを百貨店やデパート、スーパーに例えるなら、本店は専門店です。
モール店では多くの人に受け入れられる大衆商品や消耗品、どこで買っても同じ品質の型番商品を売ることに向いていますが、
本店は「そこでしか買うことのできない商品」やこだわりのブランド品といった専門品に向いています。
自社の商材がどちらに当たるのかしっかり理解して、モール店か本店かを選ぶことが必要です。

【モール】

モールに最適な商品

(例)

モールは、消費者のニーズに合った必需品などを売ることに向いていますが、競合と差別化をするのが難しく、価格競争になりがちです。

【本店】

本店に最適な商品

(例)

本店は、「その店でしか買うことのできない逸品」を売ることに向いており、比較的ニッチな領域の商品を揃える方が人気につながります。

月々発生する運用コストが違います

売上を作れたとしても売上が高くても、運用コストのコストがかかってしまえば継続した運営は難しくなってしまいます。
売上に対する運用コストを抑え、しっかり利益を出すことがなによりも重要です。
同等のプランで運営に関わるコストを試算しました。
※月商200万円、平均客単価12,000円、クレジットカード決済70%の場合

ショップサーブ
大手モール
初期費用 10,000円 60.000円
月額費用 11,200円 19,500円
ドメイン取得 0円 0円
ロイヤリティコスト 0円 130,000円
ポイント原資 0円 20,000円
決済手数料 51,450円 42,000円
注文処理手数料 5,667円 0円
合計 78,317円 271,500円

※クレジットカードはVISA,MASTERと仮定
※決済手数料はそれぞれ3.675%、5%と仮定
※ポイント原資は月商の1%と仮定
※ロイヤリティは6.5%と仮定

POINT

モール店の場合、月額費用の他にもロイヤリティやポイント原資などのコストがかかり、売上に対して手元に全くお金が残らなかったという話も少なくありません。 コストをしっかり抑えて、資金をしっかり確保しながら、運営していくことが重要です。
また、注意点として無料カートでは月額費用はかかりませんが、決済手数料やドメイン費用にはコストがかかります。
売上が上がれば上がるほど発生する決済手数料も売れるネットショップを目指す方には重要なシステム選定のポイントです。