初期投資と商品力、ビジネスモデルの構築が重要でした

初期投資と商品力、ビジネスモデルの構築が重要でした

ネットショップの立ち上げにあたって気にした点は初期投資があまりかからないこと、ポテトチップ製造53年の菊水堂が培ってきた技術や商品力を生かすこと、そして競合メーカーに真似されにくいビジネスモデルを構築することでした。

初期投資を抑えるには「販売する商品を一つに絞る」「商品開発はしない、見せ方を変える」ことで対応しました。菊水堂が培ってきた技術や商品の強みは、じゃがいもの風味をいかして調味料は塩だけ、揚げ油の米油のうまみでなりたっている商品です。じゃがいもの風味は揚げたてが一番、また米油は酸化が早いという特性があります。そこで商品をお客様にできるだけできたてを召し上がっていただくことで商品の強みを最大限に生かすことにしました。

そして競合メーカーに真似されにくいビジネスモデルの構築です。日本のポテトチップメーカーは7社しかなく、大手の寡占が進んでいます。大手流通の棚は大手メーカーによって押さえられ、いままで菊水堂はOEM製品の製造がメインのビジネスでした。大手さんのポテトチップは製造から2週間ほど経ったものがお店の棚に並べられ賞味期限は通常4ヶ月です。そこで製造の翌日にお届けし賞味期限を2週間として一番美味しい時に食べていただければ大手の商品に対して価格を高く設定しても競争力があると考えました。

立ち上げのシステム選定にあたってはショップサーブと決めていました。安定した実績がありましたし、会社の先輩がEストアーにいたからです(笑)。その上で説明会に参加して、会社としてしっかりしてなければならない部分と、社員の自由な部分のバランスがいいなと感じました。たとえECといえども一緒にビジネスするのは人です。言葉の裏に営業ノルマがチラチラ見えるような相手とは付き合いたくありません。

お客様の反応がダイレクトに現場に伝わるのが励みです

お客様の反応がダイレクトに現場に伝わるのが励みです

ネットショップを始めて意外だったのが、通常の流通ですとクレームしかフィードバックがありませんがネットショップにはお客様の良い反応がダイレクトに伝わる事です。これは製造現場の励みになりました。また、軌道に乗るまではアフェリエイトやamazonなども試しましたが期待した効果が得られませんでした。うまくいったのは商品を絞り投資を抑えてきたのでネットショップを長く続けられた事でしょうか。軌道にのってからはとにかく商品の供給を追いつかせるのが大変です。最長で3ヶ月もお待たせした事もありました。

うまくいったのはEストアーのご担当者と打ち合わせて注文が集中するタイミングでサーバーの強化など対策をいただいたこと。また、商品の発送を外注したので大量の注文に対応できるようになったことです。なにより「菊水堂」ブランドを確立し、適正な利益を確保できるようになった事が一番嬉しいですね。

家賃1万円の店に1日50万人のお客様が来たとびっくりしました

家賃1万円の店に1日50万人のお客様が来たとびっくりしました

この「できたてポテトチップ」はゴールデンタイムのテレビで紹介されて大きく伸びた商品です。前からご注文をいただいていた「できたてポテトチップ」のファンの方がテレビ出演にあたって紹介させて欲しいということでご連絡をいただきました。これも長くまじめに商品を作ってきた菊水堂の商売のありようが評価されてのことだと思います。
人気テレビ番組に紹介されるのはそのときが初めてで、実際にどの程度の反応があるのか見当がつきませんでしたが、かなりの注文が見込まれるので製造は急には増やせないが、それ以外のボトルネックを洗い出し最大限ご注文に対応できるような体制をとりました。

いざ21時からのテレビ放映時にはさすがに若干サーバーがつながりにくくなりましたが、50万人以上のユニークユーザーがやってきました。放映後24時間で数千万円の売り上げとなりました。そのときでも顧客管理上の大きな問題はなかったです。

「家賃1万円の店に1日50万人のお客様が来た」とびっくりしたんですが、Eストアーさんのような信頼できる事業者とお付き合いをしておけば突発的な注文にも十分対応できます。また「できたてポテトチップの菊水堂」は私とパート社員一人で管理しています。8万人以上の顧客がいますがこれで十分です。

ネットショップ運営で得たファンはなによりも大切です

ネットショップ運営で得たファンはなによりも大切です

ネットショップを運営していく上で重要なことは、事業計画をしっかり立てることだと思います。事業計画をしっかり立てるのはビジネス全てに当てはまることですが、ネットショップは会社の中でも副業的位置付けで収支が甘くなりがちな部分もあるのかなと思います。しっかり投資するのか撤退するのか見極めも大切です。また、ネットショップでの運営を通じて得たファンの存在は何よりも大切です。大企業は何千万人の気分を相手に商売をしなければなりませんが、中小企業なら1万人のファンを大切にしていけば必ず事業の大きな柱になります。Eストアーのいいところは良い意味で大きすぎず、こちらの要望を的確にくみ取り必要な機能やサービスをしっかりアップデートしてくれるところですね。

「できたてポテトチップの菊水堂」運営:株式会社トポロジー様

商品ジャンル
食品・飲料
事例ジャンル
インタビュー記事
出店タイプ
ECサイトの新規立ち上げ
業種・業態
メーカー