治療・介護を自宅でおこなう時代の流れに合わせてネットショップを始めることに

治療・介護を自宅でおこなう時代の流れに合わせてネットショップを始めることに

ビースタイル本店を運営する三嶋商事株式会社は、卸売業を中心として治療食・介護食を病院や老人福祉施設に直接販売しています。ネットショップを始めたのは2008年、高齢社会に突入して在宅医療の関心や認知が広がり始めたころでした。以前は、一般家庭のお客様に商品をお届けする手段といえばカタログ通販のみでしたが、より身近で便利に購入できる別の方法として、また今後の在宅医療に関わる人口増を見越したうえでの判断でした。

当初、ネットショップ運営にはホームページビルダーを使っていました。しかし、売上が徐々に増加していくなかで、使い勝手のよいシステムに変更したいと考え、安定したサーバーや機能面でも充実しているショップサーブを導入、サイトリニューアルしました。

毎日食べるものだからこそ、Eストアーリピート(定期購入)で購入の手間を減らしたい

毎日食べるものだからこそ、Eストアーリピート(定期購入)で購入の手間を減らしたい

リニューアルしてから半年後に月商450万を超え、そのあとも順調に売上は伸びていきました。しかし商品別に売り上げの推移を見ていくと、主力商品である流動食がだんだんと減少していることが分かりました。流動食は毎日口にするものですが、当時はEストアーリピート(定期購入・頒布会)を導入していなかったため1回1回注文する必要があり、介護するご家族にとって大変な手間になっていることを知りました。また、EストアーのECアドバイザーからも同じタイミングですすめられていたのでちょうどいい時期だと考えました。

定期購入を導入してから流動食の売上は改善され、お申込み件数でいうと120%増加しました。また、受注管理するうえでも以前より便利になっています。以前はお客様から定期購入の要望があった場合、電話・カタログ通販での申し込みしかできず、注文が入るたびにメモをして書類管理していましたが、その手間が省けたことで他の業務に取り掛かる時間が増え効率的に作業ができます。

定期購入するお客様は新規顧客よりもむしろリピーター様。一度商品を注文してみて、在宅治療されている方に気に入ってもらえたから定期的に購入するという意見が多いです。今のところ流動食やとろみ剤と商品が限られていますが、お客様から直接いただくご要望がある場合はなるべく期待に沿えるよう改善しています。

ROAS1600%、転換率10~15%、リスティング広告は確実な売上アップにつながっています

ROAS1600%、転換率10~15%、リスティング広告は確実な売上アップにつながっています

新規のお客様に向けて、Eストアー集客代行を利用しリスティング広告を出稿しています。導入したきっかけは、まず「ビースタイル本店」の認知度を広めるため。三嶋商事はメーカーではなく卸売中心の商社なので、認知度といったところでは不十分で「このネットショップで注文しても大丈夫かな?」というお客様の不安を解消する必要がありました。現在は、ネットショップ立ち上げから数年経ち訪問者数が毎月増えていることや、転換率が10~15%であることを考慮すると安心できる・信頼されるサイトになっているのではと実感しています。

また、広告効果を数値であらわすROASは1600%以上にものぼります。具体的には、1万円の広告費を使って16万円の売上につながるということ。実は以前に1年間ほど広告停止した時期もありましたが、それに伴い売上は減少してしまいました。広告出稿は継続的に売上をのばす先行投資として大事だと実感していますし、新規のお客様が増えて、売上が上がる手段としてとても満足しています。

担当のECコンサルタントの方は、年齢が近く話しやすい雰囲気なので、よく相談に乗ってもらいます。ここだけの話…とネットショップ運営のノウハウを小ネタ的に教えてもらうことも(笑)。本店サイトを運営していると他社の本店サイトと横のつながりが少ないため孤独な作業になりがちですが、悩んだときにスタッフさんが支えになってくれる事はとても助かります。

「何度でも来たい」ワクワク感を届けるサイトづくりを目指して

「何度でも来たい」ワクワク感を届けるサイトづくりを目指して

今後の目標は、ネットショップ大賞で金賞をとることです!2014年の年間大賞では銀賞を頂きましたが、まだまだ上を目指していきたいです。

そしてもうひとつはお客様に楽しんでもらうこと。「ビースタイル本店」で取りあつかう商品は、介護や病気の治療を必要とする方にとっては毎日の暮らしに欠かせないものばかりです。初回購入後にリピートしてくださるお客様はたくさんいらっしゃいますが、一般的な通販サイトのファッションや食品のように楽しくお買い物するのとは少し違います。そこで、商品を注文する日々の生活に、少しでもワクワク感を届けられるような工夫をしています。

先日初めてお客様と顔を合わせる場としてセミナーを開催し、病気について一緒に勉強したところ、お客様の満足度100%、また開催してほしい!というお声をたくさん頂きました。ネットショップは顔が見えない環境ですが、工夫によっては人肌や温かみを充分に伝えられます。ただ注文を受けてモノを送るのではなく、お客様の「何度でも来たい」に応えられる場所として、ファンを育てていくことが会社としての大きな目標です。

三嶋商事株式会社様

商品ジャンル
美容・健康
事例ジャンル
インタビュー記事
出店タイプ
モールと並行運用
業種・業態
小売業
ご利用中のオプション
Eストアーリピート(定期購入)をご利用