売りたい商品をすでに複数のライバルが売っている場合、勝ち目があるのでしょうか?

検索サイトで商材を検索してライバルがたくさん出てきたら「難しい」と感じると思います。とはいえ、競合があるということは需要があるということですし、各店舗の運営が成り立つほどの流通量があるということです。大切なのは「コンセプト」です。

たとえば、お茶を扱うなら、お茶に合う和菓子を扱ってみたり、高級なお茶を保存するおしゃれな茶筒を用意してみたりと、商品単体で考えるのではなく、商品の周辺にも視野を広げて考えることが大切です。

買う側は、同じ商品を買うなら商品に詳しいショップから買いたいとか、種類が豊富なお店で商品をまとめて買いたいといった、さまざまなニーズを持っています。こうしたニーズとショップのコンセプトが合えば、顧客を取り込んでいくことは十分可能です。

資料請求・お問い合わせはこちら

よくある質問

資料請求・お問い合わせはこちら
「どのプランを選んだら良いかわからない」。そんなお客さまのご質問にお応えいたします。

03-3595-2150
(10:00〜18:00 土日祝日除)

資料請求・お問い合わせ