ショップサーブは、ショッピングモールと何が違うのですか?

どちらもネットショップ運営の仕組みを提供している点は共通ですが、消費者から見た存在感が大きく違います。

たとえば、「百貨店=ショッピングモール」、「商店街=ショップサーブ」と考えると違いが良くわかります。

大手百貨店と商店街で店舗を作るのでは、それぞれ何が違うかを考えてみましょう。

どちらも、お店運営の場所や設備を提供してくれますが、消費者にとっての百貨店は、単なる場所や設備でなく、『ブランド感や信頼感』そのものです。

このため、百貨店のテナントなら安心してショッピングできるので、売れやすい半面、お店独自の存在感は薄く、お得意さんが定着しにくい傾向があります。

また、百貨店が集客してくれる半面、百貨店の通路でチラシを蒔くなど独自の集客は禁止されており、テナント料が高額なために、利益率は低くなる傾向があります。

一方、商店街の店舗に消費者はブランド感や信頼感を感じません。その分、買ってもらうにはひと工夫が必要ですが、独自の存在感を持つお店として映るため、お得意さんは定着しやすい傾向があります。

また、百貨店ほどの集客力は期待できないものの、通りでチラシを蒔くなど独自の集客が自由にできるうえに、テナント料が安いため、収益率は高くなる傾向があります。

これらの特徴は、そのまま、ショッピングモールの特徴と、ショップサーブの特徴にあてはまります。

もちろん、どちらか一方だけが良いわけではありませんが、ショッピングモールに属さない独自のネットショップを運営するための仕組みとして、弊社はショップサーブを開発しました。

資料請求・お問い合わせはこちら

よくある質問

資料請求・お問い合わせはこちら
「どのプランを選んだら良いかわからない」。そんなお客さまのご質問にお応えいたします。

0120-675-604
(10:00〜18:00 土日祝日除)

資料請求・お問い合わせ