shopserve

ニュース

【ショップサーブ×メールディーラー】4月15日に共催セミナーを開催

ショップサーブと、EC問合せ一元管理ツール「メールディーラー」の2社による共催セミナーです。「顧客の常連化」のために欠かせない「自社ECデータ活用」と「顧客対応」について、最新のデータや事例をもとに徹底解説いたします。明日からすぐ使えるノウハウもお伝えしますので、日ごろの業務にお役立ていただけること間違いなしです! ショップサーブとメールディーラーを活用し、「1to1顧客対応」を簡単に実践する方法...

機能追加のお知らせ / 2021年3月17日

2021年3月17日(水)に機能追加を行いました。 ■お客さんのショッピングカート有効期限を無期限にできるようになりました これまでは、お客さんがショッピングカートに商品を保持できる有効期限は最大2時間でしたが、無期限に設定できるようになりました。 一度サイトを離脱したお客さんもお買い物を再開することができるため、売上アップが期待できます。 併せて、お客さんに長期間在庫を確保されないように設定で...

【ショップサーブ×ネクストエンジン】3月30日に共催セミナーを開催

クラウド型ECシステム「ショップサーブ」とSaaS型ECプラットフォームの「ネクストエンジン」の2社より、簡単なサービス紹介の後に「コロナ禍でのEC運営の変化」「本店サイトのメリットデメリット」や「ネクストエンジンを利用したデータ連携」を「ネクストエンジン連携サービスの事例」を踏まえ、ショップサーブ×ネクストエンジンで可能になるデータ連携や効率化に関して登壇2社が考える「DX(デジタルトランスフォ...

国内ベンダー初「3Dセキュア 2.0」を開始 EC事業者のチャージバック被害を回避

■国内ECベンダー初。チャージバック被害を回避する「3Dセキュア2.0」を搭載 不正利用によるチャージバック被害を回避することを目的に、この度、SaaS型ECサイト構築システム「ショップサーブ」に、2021年5月、「3Dセキュア 2.0」を開始することとしました。これは、購入者のIPアドレスや利用ブラウザ、行動パターンと購入情報を照らし合わせ、不正利用のリスクを判定。リスクが高いと判断された取引の...

2021年4月1日から総額表示が義務化されます

これまで特例で免除されていた総額表示義務が、2021年4月1日(木)から義務化されます。国税庁が掲げる表示例は以下の通りです。(標準税率10%の場合の例示) 11,000円 11,000円(税込) 11,000円(税抜価格10,000円) 11,000円(うち消費税額等1,000円) 11,000円(税抜価格10,000円、消費税額等1,000円)参照:No.6902 「総額表示」の義務付け /...

機能追加のお知らせ / 2021年1月28日

2021年1月28日(木)に機能追加を行いました。 ■注文確認メールと個別確認メールに「獲得ポイント」を表示できるようになりました お客さんは注文後に届くメールで獲得したポイントを確認できるので、再来訪するメリットを伝えることができます。 ■個別確認メールの送信先に、「CC・BCC」を設定できるようになりました お店のスタッフや取引先などへ転送する手間が省け、店舗さんの運営負荷を軽減します。...

お申し込み期限延長! PayPay(オンライン決済)の手数料が永年3.96%(通常4.18%)になるキャンペーンを開催中

決済手数料割引のキャンペーンのお申し込み期限を2021年3月31日(水)まで延長します。PayPay(オンライン決済)のご利用により、PayPay主催のキャンペーンによる集客効果やカード番号などの面倒な入力が不要なため、かご落ち防止、購入率アップが見込めます。現在、2021年3月31日(水)までにお申し込みの場合、PayPay(オンライン決済)利用時の決済手数料が永年に優遇されるキャンペーンを開催...