ネットショップ開業TOP > 開業したら3つの書類を税務署に提出

開店に必要な免許や書類 [開業時に実践すること]
ショップ運営を始めるときは
税務署に「開業届」などの書類提出

開業したら3つの書類を税務署に提出

開業したら3つの書類を税務署に提出

ウェブショップ運営スタート!

必要書類を提出して、堂々とショップを運営していこう!

個人事業の
開廃業届出書

ただし、
白色申告ならば
提出する必要なし!

個人事業の
開始申告書

税務署
に提出

ウェブショップ
の所在地に
都道府県
税事務所

青色申告
承認届出書

青色申告承認届出書

特典の多い「青色申告」で節税対策をする

 法人登記をせず、個人または個人事業主としてネットショップを開業し、利益が生じた場合は、確定申告(毎年1回)を行って税務署に利益が出たことを報告します。そして、利益に応じて所得税などの税金を支払う必要があります。

 そのため、ネットショップを開業するときは「個人事業の開廃業届出書」(開業1カ月以内)と「個人事業の開始申告書」(開業後すみやかに)の2種類を役所に提出します。

 また、確定申告時に節税対策を期待できる「青色申告」と呼ばれる申告方法を選ぶ場合は、「青色申告承認届出書」なども提出します(開業後2カ月以内に提出)。青色申告には多くの特典があります。たとえば、事業者の配偶者がネットショップの運営に日々従事している場合、適正な金額の範囲内なら配偶者の人件費を全額必要経費として算入できる、などです。その半面、帳簿を記録する義務が生じますが、市販の帳簿ソフト(1万円程度)を使えばお小遣い帳をつける感覚で管理できます。

 なお、確定申告は、まったく利益が出ないとき( 売上げから経費・仕入額などを差し引き、赤字になってしまった場合など)は、申告する必要がありません。

ネットショップを作れる・きちんと運営できる・繁盛店を目指せる/ショップサーブなら、お店運営のギモンを解決!/成功店長の事例集無料プレゼントはコチラ→

■初心者でも成功できる仕組み「ショップサーブ」

サポート実績4万社のEストアーが実現したネットショップの総合パッケージです。今なら、ショップサーブがまる分かりになるパンフレットと、ネットショップ店長8人の成功事例集をプレゼント!!

開店に必要な機能がすべてそろったサービス/ショップサーブ/今なら、成功店長8人の事例集を無料プレゼント!0120-675-604お気軽にお電話ください!(平日10:00〜19:00※携帯電話対応)
ネットで販売する方法がわかる!特別無料セミナー/初めてのネットショップ開店「ネットショップの始め方を知りたい方向け」詳細はこちら

無料オンラインセミナー詳細はこちら

  • 初めての方へ>> くわしいご案内はこちらから
繁盛店の1日をのぞいてみよう!
ピュアな宇治茶(和束茶)や和菓子販売/京都おぶぶ茶苑/ベストECショップ対象受賞の宇治茶農園が本当のおいしさを産地から全国へ直送
キャスキッドソンや北欧雑貨販売/EIN SHOP/女性に人気の欧州雑貨でブレイク!専任スタッフの充実で、お店運営もスピードアップ