Eストアーネットショップ相談室
初めてのネットショップ開店

ネットショップ開業、開店&運営ノウハウの情報ポータルサイト。
ネット販売の仕方、商品の探し方、開業に必要な免許、開業してから発生する作業、売上の上げ方などネットショップ開店前に必ず知っておきたいノウハウ、成功例をご紹介。あなたの知りたい情報がきっと見つかります。

無料セミナー開催中。ショップサーブ

最新資料のご請求はこちら。ショップサーブ

ネットショップ開業・構築 > ネットショップ開店成功の秘訣TOP > デジタルカメラを選ぶ4つのチェックポイント

ショップ作成・制作ショップ作成・制作 [ショップ運営に最適なデジタル環境]
パソコン、デジカメ、プリンタ…
量販店で購入できる機材で十分

デジタルカメラを選ぶ4つのチェックポイント

「ズーム」と「露出補正」の機能をチェック

 商品撮影に欠かせないデジカメ。まず、チェックすべきは「画素数」。300万画素などその数値が大きいほど画質は鮮明で、ピクセルという単位で呼ばれます。現在は、1000万画素のデジカメも販売されていますが、ネットショップに画像を表示する目的であれば、200万画素のデジカメでも問題ありません。

 必ずチェックしてほしいのは「ズーム」の機能です。ズームしても画像が粗くならない「光学ズーム」を選びましょう。最近のデジカメは「光学ズーム3倍、3倍以上はデジタルズーム併用」をアピールする機種が多いですが、「光学ズーム3倍」機能だけでも十分です。

 また、「露出補正」の機能も必要です。完成した商品画像の色合いが明るすぎたり、反対に暗すぎたりした場合は、手動で「露出補正」の数値を変更して撮影する必要があります。本書の28?31ページで、デジカメによる商品撮影術を紹介しています。「露出補正」が重要な役割を担っていることをまとめていますのでご参照ください。
 撮影後の商品画像をその場で確認するため、液晶モニタが必要になります。なるべく大きなモニタを選びましょう。

画素数

デジカメ写真の縦×横のピクセル数によって貴ますのが画素数。200万画素あれば十分。

ズーム

ズームには光学ズームとデジタルズームの2種類がある。光学ズームはレンズの焦点距離を変えて、遠くの物体を拡大して写す。ズームしても画像は粗くならない(デジタルズームは粗くなるので要注意)。デジカメ購入の際は3倍程度の光学ズーム機能付きを購入しよう。

露出補正

通常、露出補正は「0」に設定してあるが、見た目通りの色にならない場合は、手動で露出補正する必要がある。デジカメは露出補正付きを選ぶこと。

液晶モニタ

撮影後に商品画像をその場で確認できると便利なので大きな画面ではっきり見えるものを選ぼう。

売れるショップ作りのポイントが質問できる/無料セミナーはこちら

ネットショップ12店舗の成功事例インタビュー付き/資料請求はこちら

開店に必要な機能がすべてそろったサービス/ショップサーブ/今なら、成功店長8人の事例集を無料プレゼント!0120-675-604お気軽にお電話ください!(平日10:00〜19:00※携帯電話対応)
ネットで販売する方法がわかる!特別無料セミナー/初めてのネットショップ開店「ネットショップの始め方を知りたい方向け」詳細はこちら

無料オンラインセミナー詳細はこちら

  • 初めての方へ>> くわしいご案内はこちらから
繁盛店の1日をのぞいてみよう!
ピュアな宇治茶(和束茶)や和菓子販売/京都おぶぶ茶苑/ベストECショップ対象受賞の宇治茶農園が本当のおいしさを産地から全国へ直送
キャスキッドソンや北欧雑貨販売/EIN SHOP/女性に人気の欧州雑貨でブレイク!専任スタッフの充実で、お店運営もスピードアップ