Eストアーネットショップ相談室
初めてのネットショップ開店

ネットショップ開業、開店&運営ノウハウの情報ポータルサイト。
商品の探し方、開業に必要な免許、開業してから発生する作業、売上の上げ方などネットショップ開店前に必ず知っておきたいノウハウ、成功例をご紹介。あなたの知りたい情報がきっと見つかります。

無料セミナー開催中。ショップサーブ

最新資料のご請求はこちら。ショップサーブ

ネットショップ開業・構築 > ネットショップ開店成功の秘訣TOP > 購入者に安心して喜んでもらえる梱包テクニック

ショップ運営・販促ショップ運営・販促 [商品の検品・梱包のテクニック]
エアークッションなどの利用で
発送時の破損を防ぐ安心梱包

購入者に安心して喜んでもらえる梱包テクニック

購入者に安心して喜んでもらえる梱包テクニック

ロール状のエアークッションから商品を一周する程度の幅を切り取る。商品が正円なら正方形、楕円なら長方形の長さにカット。

商品やサイズ、形に合わせたエアークッションを使って、商品がはみ出さないかどうかを確認しながら包装する。

②で包んだ商品を箱に納める。箱と商品の間にすき間がある場合には、さらにエアークッションなどを詰めて調整すること。

ラッピングする場合、③の状態の上から、さらにエアークッションで包む。

箱が一周するぐらいの長さにカットしたエアークッションで箱を包んでいく。

エアークッションにすき間がないかを再度確認。問題なければ、この段階で商品の梱包は終了。

商品を段ボールに詰める場合、すき間は専用クッションで埋める。クッションはシュレッダーにかけた古雑誌・新聞を薄葉紙(薄くて白い紙)にくるむ。

クッションは中身がはみ出ないようにセロテープで留める。薄葉紙はしわがつきやすいので要注意。

①~⑥で包んだ商品を段ボールに詰め、商品と段ボールのすき間にクッションを詰め込む。

完成!

段ボールの封をしっかり閉じて出来上がり!

納品書や請求書が必要な場合は、商品梱包時に専用封筒をつけて同梱します。また、次の受注につなげるために、お礼や使用方法を書いたカードなども添えましょう。

ショップ運営と販促のコツを質問できる/無料セミナーはこちら

ネットショップ12店舗の成功事例インタビュー付き/資料請求はこちら

段ボール箱に詰めるとき、箱と商品の間にすき間をつくらない

 商品梱包の基本は、「エアークッションで商品を包み込む」「頑丈な段ボールに詰める」の2点で、かなりの確率で商品の破損を防げます。しかし、ネットショップの場合、商品破損を120%の確率で防ぐことを目指し、さらに頑丈に梱包するよう心掛けましょう。

 肝心なことは、段ボール箱に詰めたときに箱と商品の間にすき間をつくらないこと。なるべくジャストサイズの箱を選び、すき間が空いたときはエアークッションや発泡シートを多少きつめに詰め込んでおきます。

 なお、破損防止のためだけではなく、“見た目の美しさ”も意識しましょう。上の例を参考に、商品が届いたとき、「わー、きれい!」と購入者に喜んでもらえるような梱包を目指しましょう。

開店に必要な機能がすべてそろったサービス/ショップサーブ/今なら、成功店長8人の事例集を無料プレゼント!0120-675-604お気軽にお電話ください!(平日10:00〜19:00※携帯電話対応)
ネットで販売する方法がわかる!特別無料セミナー/初めてのネットショップ開店「ネットショップの始め方を知りたい方向け」詳細はこちら

無料オンラインセミナー詳細はこちら

  • 初めての方へ>> くわしいご案内はこちらから
繁盛店の1日をのぞいてみよう!
ピュアな宇治茶(和束茶)や和菓子販売/京都おぶぶ茶苑/ベストECショップ対象受賞の宇治茶農園が本当のおいしさを産地から全国へ直送
キャスキッドソンや北欧雑貨販売/EIN SHOP/女性に人気の欧州雑貨でブレイク!専任スタッフの充実で、お店運営もスピードアップ