株式会社Eストアー
初めてのネットショップ開店

ネットショップ開業、開店&運営ノウハウの情報ポータルサイト。
ネット販売の仕方、商品の探し方、開業に必要な免許、開業してから発生する作業、売上の上げ方などネットショップ開店前に必ず知っておきたいノウハウ、成功例をご紹介。あなたの知りたい情報がきっと見つかります。

無料セミナー開催中。ショップサーブ

最新資料のご請求はこちら。ショップサーブ

ECサイト・ネットショップ構築 > ネットショップ開業 > 商品写真の見せ方、撮影方法の基本とは?

ショップ作成・制作ショップ作成・制作 [商品紹介ページをつくる]
タイトルや写真、説明文を掲載し
商品をより魅力的にアピール

商品写真の見せ方、撮影方法の基本とは?

鉄則!商品写真は全体像を見せる!これがなければ、商品は売れない!

商品写真は全体像を見せる!

これがなければ商品は売れない!

1.オンリーワンを伝える

 ネットショップの商品紹介ページに掲載する商品写真で、一番重要なのは「商品の全体像」がわかる写真です。とはいえ、何の戦略も立てずに、全体像の写真を撮ってはいけません。撮影前に、その商品が一番魅力的に見える角度はどこなのか、さまざまな角度からチェックして撮影を始めましょう。商品の全体像の写真は、商品タイトルなどとともに、最初に訪問者が目にする要素です。見栄えのいい角度から撮影した商品の全体写真で、訪問者の購買意欲を高めましょう。

商品のディテールもしっかり見せよう

 商品の全体像を撮影後、違う角度からの撮影にとりかかりましょう。まずは、その商品の特徴的な部分をピックアップして撮影します。たとえば、商品の内側や素材のアップ写真などです。また、全体写真では見えにくい部分などもアップ画像を掲載しましょう。たとえば、バッグであれば底面などです。
 そのほか、洋服であれば着用シーン、食品であれば皿に盛り付けたシーンなど、訪問者が実際に使っているシーンをイメージしやすい写真を紹介します。

商品を持ったイメージ写真

商品を持ったイメージ写真

洋服やカバンなど“人が身につける商品”は、人物と組み合わせて撮影する。スーツケースであれば、写真のように商品と一緒に写真を撮影するとよい。洋服であれば着用シーンを必ず掲載しよう。

商品の内側を見せる

実際に購入する場合、外からは見えにくい商品の“内側”もちゃんと見ておきたいという人は多い。その点もしっかりと商品紹介ページに掲載し、訪問者の購買意欲アップを狙おう。

アピールしたいディテールをアップで見せる

商品の柄や素材などのアピールポイントは、その拡大写真を載せて訪問者にアピール。その場合、文章でも補足する。

売れるショップ作りのポイントが質問できる/無料セミナーはこちら

ネットショップ12店舗の成功事例インタビュー付き/資料請求はこちら

商品の角度を変えた写真など複数点数を使用

 直接商品に触れることができないネットショップで商品を紹介する場合、「商品画像」は視覚的に訴求する役割を担っています。商品説明文やキャッチコピーなどとうまく組み合わせて、商品写真を上手に活用しましょう。

 商品写真の基本は、商品の全体像を載せることです。ただし、商品紹介ページに載せる商品写真は一点だけではなく、複数を載せましょう。最近では、一つの商品紹介ページにつき、4?5点の写真を使う店が多いです。たとえば、商品の角度を変えた写真や部分的に拡大した写真などです。

 なお、商品写真の画像の質も、最近はグレードが高くなっています。できるだけ質の高い、美しい写真を掲載し、競合他店との差別化を図りましょう。

開店に必要な機能がすべてそろったサービス/ショップサーブ/今なら、成功店長8人の事例集を無料プレゼント!0120-675-604お気軽にお電話ください!(平日10:00〜19:00※携帯電話対応)
ネットで販売する方法がわかる!特別無料セミナー/初めてのネットショップ開店「ネットショップの始め方を知りたい方向け」詳細はこちら

無料オンラインセミナー詳細はこちら

  • 初めての方へ>> くわしいご案内はこちらから
繁盛店の1日をのぞいてみよう!
ピュアな宇治茶(和束茶)や和菓子販売/京都おぶぶ茶苑/ベストECショップ対象受賞の宇治茶農園が本当のおいしさを産地から全国へ直送
キャスキッドソンや北欧雑貨販売/EIN SHOP/女性に人気の欧州雑貨でブレイク!専任スタッフの充実で、お店運営もスピードアップ