株式会社Eストアー
初めてのネットショップ開店

ネットショップ開業、開店&運営ノウハウの情報ポータルサイト。
ネット販売の仕方、商品の探し方、開業に必要な免許、開業してから発生する作業、売上の上げ方などネットショップ開店前に必ず知っておきたいノウハウ、成功例をご紹介。あなたの知りたい情報がきっと見つかります。

無料セミナー開催中。ショップサーブ

最新資料のご請求はこちら。ショップサーブ

ECサイト・ネットショップ構築 > ネットショップ開業 > お店ページの色合いを決める5つの流れ

ショップ作成・制作ショップ作成・制作 [お店ページの配色パターン]
ショップのイメージカラーは
商品や訪問者に合わせて決める

お店ページの色合いを決める5つの流れ

お店ページの色合いを決める5つの流れ

1 販売商品の店の
コンセプトをイメージ

販売する商品の特性とお店のコンセプトをイメージしよう。アクセサリーでも「シルバーアクセサリー」か「ビーズアクセサリー」かではイメージは異なる。

2 購入者層をチェック

年齢層、性別、嗜好などから、お店のターゲットとする層を具体化していこう。「30代の既婚女性」といった具合に、できるだけ“人物像”が見えるようにする。

3 色が持つ
イメージをチェック

次ページの「キーカラ―を決定」を参考にし、それぞれが訴求するイメージを把握しよう。たとえば「灰色」であれば「シャープ」「都会的」といった具合だ。

4 キーカラ―を決める

販売商品や購入者層をイメージしながら、どんな色が最適かを決めていく(キーカラー)。その際は、次ページの「キーカラーを決定」を参考にし、色が持つイメージを考慮していくこと。

5 サブカラーを決める

キーカラ―の引き立て役となるサブカラーを決めていく。キーカラ―のイメージを損なわない色を選ぼう。サブカラーは2色程度にとどめること。

売れるショップ作りのポイントが質問できる/無料セミナーはこちら

ネットショップ12店舗の成功事例インタビュー付き/資料請求はこちら

「サブカラー」はあくまでキーカラーの引き立て役

 まずキーカラーを選びますが、「自分の好きな色」といった勝手な判断で決めてはいけません。商品や店の特徴をチェックすると同時に、購入者層も見極めることが大切です。この過程を通して、あなたのお店にふさわしいキーカラーを見つけていきます。
 なお、サブカラーの決め方は、補色、類似色など、いろいろありますが、いちばん重要なことは、キーカラーのイメージを損なわない色を選ぶという点です。キーカラーの引き立て役であるこを認識しましょう。

開店に必要な機能がすべてそろったサービス/ショップサーブ/今なら、成功店長8人の事例集を無料プレゼント!0120-675-604お気軽にお電話ください!(平日10:00〜19:00※携帯電話対応)
ネットで販売する方法がわかる!特別無料セミナー/初めてのネットショップ開店「ネットショップの始め方を知りたい方向け」詳細はこちら

無料オンラインセミナー詳細はこちら

  • 初めての方へ>> くわしいご案内はこちらから
繁盛店の1日をのぞいてみよう!
ピュアな宇治茶(和束茶)や和菓子販売/京都おぶぶ茶苑/ベストECショップ対象受賞の宇治茶農園が本当のおいしさを産地から全国へ直送
キャスキッドソンや北欧雑貨販売/EIN SHOP/女性に人気の欧州雑貨でブレイク!専任スタッフの充実で、お店運営もスピードアップ