Eストアーネットショップ相談室
初めてのネットショップ開店

ネットショップ開業、開店&運営ノウハウの情報ポータルサイト。
ネット販売の仕方、商品の探し方、開業に必要な免許、開業してから発生する作業、売上の上げ方などネットショップ開店前に必ず知っておきたいノウハウ、成功例をご紹介。あなたの知りたい情報がきっと見つかります。

無料セミナー開催中。ショップサーブ

最新資料のご請求はこちら。ショップサーブ

ネットショップ開業・構築 > ネットショップ開店成功の秘訣TOP > 商品写真撮影術1 商品を床に置いて撮影しよう

ショップ作成・制作ショップ作成・制作 [商品紹介ページをつくる]
タイトルや写真、説明文を掲載し
商品をより魅力的にアピール

商品写真撮影術(1) 商品を床に置いて撮影しよう

商品は床に置いて撮影しよう

Tシャツ、ズボンなどの衣類、
書籍、DVD、CDなど。

●セッティング&撮影の流れ

1. バック紙の上に
商品を置く

バック紙を敷き、その上に商品を置く。バック紙の色の基本は白かグレー。どちらを利用するかを迷ったときには、両方で撮影してよい写りのほうを選ぶ。

2. レフ板を置き、
光を調整する

一方向から室内に入る光を、商品全体に当てるのがレフ板の役割。レフ板の微妙な角度の違いによって、光の反射する場所が変わるので、何度も試して最も光が当たる位置を探す。

3. イスの上に立ち、
液晶モニタをのぞく

フラッシュ機能をオフにし、デジカメのレンズの汚れは拭き取る。イスの上に立って、デジカメの液晶モニタをのぞく。商品の全体像が真上から写り、商品が中央に位置するように合わせる。

4. デジカメをストラップで
手首に固定

デジカメを手持ちで撮影する場合、注意する必要があるのは手ブレ。そこで、お勧めなのがデジカメのストラップを手首に固定して撮影する方法だ。

5. オート機能で撮影。
その後、露出変更で撮影

まずは「オート機能」で撮影し、その後で「マニュアルモード」で「露出」を変更した写真も撮る。露出は?0.6?+1.2の間で調整し、複数枚撮る。

売れるショップ作りのポイントが質問できる/無料セミナーはこちら

ネットショップ12店舗の成功事例インタビュー付き/資料請求はこちら

晴れた日に、南や東向きの窓がある部屋で撮影

 室内で、自然光を採り入れて撮影する場合、床の上に商品を置いて撮るのが基本です。特に、衣類やCD、書籍など、凸凹のない平らな商品を撮影するのに最適です。

 撮影に適した時間は、晴れた日の9?14時。太陽の光を多く採り込める、南や東向きの窓がある部屋を選びましょう。

 撮影は、上の5つの手順を参考にしてください。用意する材料はバック紙とレフ板。バック紙は商品写真の見栄えをよくするため、レフ板は商品全体に均一に光を当てるために必要です。

 イラストで示したように、自然光の光をレフ板の白い面に反射させ、最も光の当たる位置にブックエンドなどを利用して商品を寄りかからせて固定し、撮影します。

 この撮影では、デジカメのレンズを真下に向ける必要があるため、三脚を立てても少々難しいでしょう。この場合は、手持ちで撮影します。

 手ブレ防止のため、「撮影の流れ4」で示した方法を実践しましょう。

こんな撮り方も!

洋服の撮影方法はほかにもある!

洋服の撮影方法

 スーツ、Tシャツなど衣類を撮影する場合、壁に商品を吊るして撮る方法もおすすめ。床に商品を置いた撮影と同じ要領で撮影できる。レフ板は、光を商品に反射させる位置で、テーブルなど高い位置に固定させて撮影する。

 また最近はモデルに洋服を着せて撮影する方法が人気。この場合は、外での撮影が基本になる。モデルを太陽の向きとは逆側に立たせ、レフ板で太陽の光を受け、モデルの前身に当てるようにする。なお、背景は、あまりにうるさいとゴチャゴチャした雰囲気になるので要注意。

開店に必要な機能がすべてそろったサービス/ショップサーブ/今なら、成功店長8人の事例集を無料プレゼント!0120-675-604お気軽にお電話ください!(平日10:00〜19:00※携帯電話対応)
ネットで販売する方法がわかる!特別無料セミナー/初めてのネットショップ開店「ネットショップの始め方を知りたい方向け」詳細はこちら

無料オンラインセミナー詳細はこちら

  • 初めての方へ>> くわしいご案内はこちらから
繁盛店の1日をのぞいてみよう!
ピュアな宇治茶(和束茶)や和菓子販売/京都おぶぶ茶苑/ベストECショップ対象受賞の宇治茶農園が本当のおいしさを産地から全国へ直送
キャスキッドソンや北欧雑貨販売/EIN SHOP/女性に人気の欧州雑貨でブレイク!専任スタッフの充実で、お店運営もスピードアップ