株式会社Eストアー
初めてのネットショップ開店

ネットショップ開業、開店&運営ノウハウの情報ポータルサイト。
ネット販売の仕方、商品の探し方、開業に必要な免許、開業してから発生する作業、売上の上げ方などネットショップ開店前に必ず知っておきたいノウハウ、成功例をご紹介。あなたの知りたい情報がきっと見つかります。

無料セミナー開催中。ショップサーブ

最新資料のご請求はこちら。ショップサーブ

ECサイト・ネットショップ構築 > ネットショップ開業 > 商品説明文をより際立たせる4つのコツ

ショップ作成・制作ショップ作成・制作 [商品紹介ページをつくる]
タイトルや写真、説明文を掲載し
商品をより魅力的にアピール

商品説明文をより際立たせる4つのコツ

1. オンリーワンを伝える

オンリーワンを伝える

越後イズム
http://www.echigoism.com/

稀少品や1点ものを扱っている場合、その点を強調するのは常套手段。「生産者」をアピールすることで、オンリーワンを見事に伝えている。また、商品に関して「ほかに類を見ない特性」があれば、その点も忘れずにアピールしよう。

2. 使用感をストレートに伝える

使用感をストレートに伝える

お風呂のソムリエSHOP!
http://www.bathlier.com/

その商品の使い心地がアピールポイントになる場合、その点をしっかりと強調する。上の例では「コットンの柔らかさ」を徹底的にアピール。こうした使用感は、店主が実際に使用してみて、自分の言葉で表現するように心がけよう。

3. 自店独自の視点で伝える

他店と同じ商品を扱っていても、自店ならではの視点を盛り込むことで、オンリーワンを演出できる。ポイントは「その商品を購入したらこうなる!」といった“before/after”を明確化すること。そのイメージを植え付けることで、その商品に付加価値がつく。

4. 商品をイメージさせる

訪問者が商品説明文を読んだだけで、商品をイメージできるような表現を目指そう。なお、写真では伝わりにくい質感や大きさを表現すること(25ページ参照)。実際に実店舗で買い物している気分にさせよう。

売れるショップ作りのポイントが質問できる/無料セミナーはこちら

ネットショップ12店舗の成功事例インタビュー付き/資料請求はこちら

「会話調」などを取り入れ、飽きさせない工夫を

 商品紹介ページをもう一度読み直すと、「商品説明文の文章量が多いな」と感じた人も多いのではないでしょうか。最近の傾向は、文章量多めがトレンドです。

 では、何を心がけて「商品説明文」を書けばいいのでしょう。ネットショップ繁盛店のページに書かれた商品説明文を見ると、「使用感をストレートに伝える」など、4つのコツが見えてきました。この場合も、キャッチコピーと同様に商品と購買層の特性を把握しながら、どのコツを利用するのかを決めていきましょう。

 なお、説明文を書く上では、読み手を飽きさせない工夫も必須です。意外と効果的なのが「会話調」や「!」の活用です。また、説明文に購入者の声を挿入し、リズム感を出すのもいいアイデア。

開店に必要な機能がすべてそろったサービス/ショップサーブ/今なら、成功店長8人の事例集を無料プレゼント!0120-675-604お気軽にお電話ください!(平日10:00〜19:00※携帯電話対応)
ネットで販売する方法がわかる!特別無料セミナー/初めてのネットショップ開店「ネットショップの始め方を知りたい方向け」詳細はこちら

無料オンラインセミナー詳細はこちら

  • 初めての方へ>> くわしいご案内はこちらから
繁盛店の1日をのぞいてみよう!
ピュアな宇治茶(和束茶)や和菓子販売/京都おぶぶ茶苑/ベストECショップ対象受賞の宇治茶農園が本当のおいしさを産地から全国へ直送
キャスキッドソンや北欧雑貨販売/EIN SHOP/女性に人気の欧州雑貨でブレイク!専任スタッフの充実で、お店運営もスピードアップ